韓国ドラマ 一途なタンポポちゃん キャストとあらすじ

韓国ドラマ 一途なタンポポちゃん キャスト-あらすじ-相関図

韓国ドラマ 一途なタンポポちゃんのキャスト-あらすじ-相関図を紹介します!

放送局    :  KBS
放送回数   :  全150話
放送年度   :  2014年8月~

韓国ドラマ 一途なタンポポちゃんのあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ 一途なタンポポちゃんを紹介します!

あらゆる逆境を乗り越えて、世界一のおいしいククス店を開くのが夢のドゥルレ。
立ちはだかる困難にもくじけず、前向きに生きていく姿を描いた心温まるストーリー。
ベテラン子役たちが安定の愛らしさを発揮し、視聴者をクギづけに。
大人になってからの主人公たちも、中堅俳優が盛り上げる。
夢見るサムセンや、輝いてスングムなどに続く安定したストーリーに仕上がっている。

舞台は1962年の春川(チュンチョン)
ミン・ドゥルレは親の顔も知らず、金に汚い院長が経営する孤児院で生活していた。
元気いっぱいおてんば娘のドゥルレは、子供たちの中でも大将格。
男の子ですら彼女に負けてしまうほどの元気っぷりだった。

ある日、ジャージャー麺の配達を手伝っていたドゥルレは、金持ちの家の娘であるセヨンと出会う。
セヨンはドゥルレとは真逆の性格で、引っ込み思案な女の子だった。

数日後。
孤児院の院長の指示で、傘を売りに出かけたドゥルレは雨にうたれ震えるセヨンを見つける。
彼女にそっと売り物の傘を差し出し、心を開いたセヨンはドゥルレと友達関係になる。

ドゥルレの存在を知らない父のガンウクは、飼料工場を経営するデソンが売りに出した旧家「パンソンジェ」を買い取るため春川に向かう。
ガンウクは昔、旧家の娘と順調に交際していたが、結局周りからの猛反対を受けたという過去を持っており・・・

キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ 一途なタンポポちゃんのキャスト・相関図

役名 本名 説明
ミン・ドゥルレ キム・ガウン シルビ食堂店員
シン・セヨン ホン・イニョン ドゥルレの親友
シン・テオ ユン・ソヌ セヨンの義理の兄
チャ・ヨンス チョン・スンビン 質屋
シン・デソン チェ・ジェソン テオの父
デソン社長
ユン・ジョンイム チェ・ジナ テオの継母
セヨンの養母
ドゥルレ(子) アン・ソヒョン ドゥルレの少女時代
セヨン(子) イ・ヨンウン セヨンの少女時代
テオ(子) ユ・スンヨン テオの少年時代
ヨンス(子) シン・ギジュン ヨンスの少年時代
ソン・スジャ イ・アイ シルビ食堂の娘
ト・ボンサン パク・ジェウン ヨンスの部下
孤児院出身
ミン・ガンウク チェ・チョロ ドゥルレの父
チェ・ジュヒ シン・ウンジョン ドゥルレの母

関連リンク

一途なタンポポちゃん-相関図

コメントを残す

このページの先頭へ