韓国ドラマ-光と影-キャストと相関図!

韓国ドラマ-光と影-キャスト・相関図

韓国ドラマ-光と影のキャストと相関図を紹介します!

放送局    :  MBC
放送回数   :  全64話
放送年度   :  2011年11月~2012年7月

韓国ドラマ-光と影のあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-光と影を紹介します!

60年代から80年代の文化の移り変わりを描いた作品。

時代に沿ったヒット曲や芸能人も多数出てくるので

中高年を中心に人気を集めました。

キャストの、アンジェウクも「愛してる」以来3年ぶりの復活。

その演技力で、注目を集めました。

 

映画館を経営しているカン・マンシク。経営者として立派な人間です。

その一人息子として産まれたギテ。

彼はまだまだ半人前で、一人前には程遠い・・・

 

そんな彼は、仕事で失敗をしてしまいます。

季節はお盆時期。その時に放送する映画を買い付けようとしたのですが

詐欺にあってしまいました・・・

 

穴埋めとして、ピンナラショー団と契約。

無事に公演を終えるギテですが、そこからトラブルに巻き込まれていきます。

 

公演を、政治的に利用したいと考えるチョラン。

彼の提案を断ると、いざこざが始まってしまいました・・・

騒ぎに巻き込まれたマンシクは、政治家のチョランに殺されてしまいます。

それだけではなく、残った財産までも奪い去る。

 

後ろ盾を失ったギテの、人生の旅が始まります。

元秘書であるミョングクの裏切りに気づいた彼は、復讐を心に誓います。

再起を狙うギテは、ショーの世界に飛び込むことにする。

 

しかし、ショーを政治的に利用しようとするチョランの姿勢は変わらない。

そんなチョランは、スヒョクを自分の仲間として迎え入れます。

スヒョクはギテの親友で、母はカン家の家政婦として働いている。

 

スヒョクはジョンへに対して、恋心を抱きますが、彼女の気持ちは

ギテに向いていました・・・

ギテに近づくのはジョンへだけではなく、劇団員としてショーを行っている、

チェヨンもその一人だった。

 

人生を政治家に狂わされ、それでもショーの世界で名をあげていくギテ。

そして彼の恋模様・・・ギテの人生そのものが、まさに光と影のようです。

 

それでは、キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-光と影のキャスト・相関図

役名 本名 説明
カン・ギテ アン・ジェウク マンシクの息子
イ・ジョンへ ナム・サンミ ピンナラショー団
チャ・スヒョク イ・ピルモ ギテの親友
ユ・チェヨン ソン・ダムビ セブンスターショー団の看板娘
チャン・チョラン チョン・グァンニョル 国会議員
チョ・ミョングク イ・ジョンウォン チョランの側近
シン・チョング ソン・ジル 光の国ショー団の団長
ノ・サンテク アン・ギルガン セブンスターショー団の団長
パク・ギョンジャ パク・ウォンスク ギテの母
カン・ミョンヒ シン・ダウン ギテの妹
ヤン・ドンチョル リュダム ギテの子分
カン・マンシク チョン・グックァン ギテの父
キム・グムレ キム・ミギョン スチョルの母
ヤン・テソン キム・ヒウォン ジョンへの育った孤児院の息子
イ・ギョンスク ハ・ジェスク ジョンへの親友

関連リンク

BSフジ

コメントを残す

このページの先頭へ