韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベク-キャストとあらすじ

韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベク-キャスト-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベクのキャスト-あらすじ-相関図を紹介します!

放送局    :  KBS
放送回数   :  全16話
放送年度   :  2013年2月~2013年3月

韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベクのあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベクを紹介します!

元々は看板職人だったが、叩き上げでクリエイターとなり、
多くの国際広告祭で受賞した実在する人物のお話。
イ・ジェソクのエッセイ集を元に作られており、広告業界の裏側も垣間見れる。
ストーリー中盤ぐらいから、恋愛に重点を置いた展開となって行った。

地方大学のデザイン科に入学したテベクだったが、卒業せずに中退してしまう。
その後、広告代理店就職するべく活動を続けていたが、敢え無く撃沈の日々。
生活のために、看板屋さんでアルバイトをしながら生活していた。

コピーライターを目指すジユンは、仕事のつながりからテベクと親しくなっていく。
そんな日々の中、テベクは元恋人であるアリと再会する。
アリは有名大学に留学し、務める会社では責任者まで上り詰めていた。
しかし、それはテベクの援助があったからこそ。
そんなことも忘れてしまい、テベクの事を見下すようになっていた。

本部長であるエディに想いを寄せるようになったアリ。
しかし、エディはジユンに接近していく。
ジユンはBKグループの孫だと知り、好意を寄せるようになっていた。

仕事もバカにされ、このままでは終われないテベク。
伝説の広告人と呼ばれる男、マ・ジンガに弟子入りし、
広告と恋を巡って火花を散らしていくことになるが・・・

キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-花を咲かせろ!イ・テベクのキャスト・相関図

役名 本名 説明
イ・テベク チング 広告会社GRCバイト
ペク・ジユン パク・ハソン 金山アド
インターン社員
エディ・カン チョ・ヒョンジェ 金山アド
本部長
コ・アリ=コ・ボッキ ハン・チェヨン 企画責任者
マ・ジンガ コ・チャンソク GRC社長
伝説の広告マン
マ・イチャン クァク・ヒソン ジンガの息子
ペク会長 チャン・ヨン チユンの祖父
カン・ハンチョル チェ・ジョンウ エディの父
ウォン・ミオク パン・ウニ チユンの祖母
ファン イ・ヘヨン 専務
イ・ウニ ホン・ジミン 金山アド社員
シン・ドンフン シン・スンファン 金山アド社員

関連リンク

花を咲かせろ!イ・テベク-相関図

コメントを残す

このページの先頭へ