韓国ドラマ-ミセン-キャストとあらすじ

韓国ドラマ-ミセン-キャスト-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-ミセンのキャスト-あらすじ-相関図を紹介します!

放送局    :  TVN
放送回数   :  全20話
放送年度   :  2014年10月~

韓国ドラマ-ミセンのあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-ミセンを紹介します!

学歴や手に職がない、いわゆる”ゼロスペック”の主人公が、大手総合商社に入社し、生き残りをかけ必死に奮闘する姿を描いた作品。
自分に残されたものは囲碁の知識。それをフル活用し、人間としても成長していく主人公を演じるのは、演技力に定評があるアイドルのシワン。
その他、脇を固めるキャスト陣も豪華な顔ぶれが揃った。
ワーカーホリックの上司役としてイ・ソンミン。
グレの同期であり、超エリートインターンであるベッキ役にカン・ハヌル。
インターンの紅一点ヨンイ役は、カン・ソラが演じる。

タイトルにもなっている未生(ミセン)とは、韓国の囲碁用語であり、「死んでいるように見えるが、まだまだ再生の余地がある石」の事をさす。

プロの棋士を目指し、アルバイトをしながら練習に明け暮れていたチャン・グレ。
プロテストを受け続けていたが、26歳にして断念。
今まで囲碁しかしてこなかった彼には、学歴など何もない。

母親のコネ入社で大手総合商社ワン・インターナショナルにインターンとして入社する事が決定。
しかし、周りを見ると高学歴でバイリンガルのつわものぞろい。
囲碁しかやってこなかったグレは、メンバーの中でも群を抜いて浮いた存在に。

何も持っていないグレは、入社後、営業3課に配属される。
上司には無視され、インターンの同僚たちまで嫌がらせを受ける始末。
生き残りをかけるグレも必死で食らいつき、自分の特技である囲碁を使ってクライアントとの距離を縮めようとするが・・・

キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-ミセンのキャスト・相関図

役名 本名 説明
チャン・グレ シワン 営業3課
インターン
オ・サンシク イ・ソンミン グレの上司
アン・ヨンイ カン・ソラ グレの同期
チャン・ベッキ カン・ハヌル グレの同期
キム・ドンシク キム・デミョン 代理
ハン・ソギュル ピョン・ヨハン グレの同期
ソン次長 シン・ウンジョン 営業1チーム次長
サンシクの同期
チョン・グァヌン パク・へジュン 営業3チーム課長
コ課長 リュ・テホ 営業2チーム課長
チェ専務 イ・ギョンヨン 専務
マ部長 ソン・ジョンハク 資源チーム部長
副社長 ナム・ギョンウプ
パク代理 チェ・グィファ
グレの母 ソン・ビョンスク グレの母
師範 ナム・ミョンニョル グレの師匠
ソン代理 テ・イノ

関連リンク

ミセン-相関図

コメントを残す

このページの先頭へ