韓国ドラマ-女王の教室-キャストとあらすじ

韓国ドラマ-女王の教室-キャスト-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-女王の教室のキャスト-あらすじ-相関図を紹介します!

放送局    :  MBC
放送回数   :  全16話
放送年度   :  2013年6月~2013年8月

韓国ドラマ-女王の教室のあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-女王の教室を紹介します!

2005年に日本で大ヒットした日本のドラマを元に、韓国でリメイクされた作品。
ストーリーは、ほぼ忠実に再現されている。
教師がいじめを誘発してしまったり、懲罰的な内容が視聴者の心をつかめず苦戦。
裏番組である「君の声が聞こえる」の影響も大きく、視聴率は低迷気味に終わった。
しかし、コ・ヒョンジョンの無表情な演技や、韓国を代表する子役たちがたくさん出演して作品の質は高いと言える。
なかなか考えさせられる内容となっています。

サン小学校の始業式の日。
6年3組の生徒ハナは、新しい担任の噂を聞きつけ怯えていた。
なにやら今度の担任は「伝説の魔女」と呼ばれているらしい。
その名の通り、無表情で独裁的な教師のヨジンは、新学期早々に生徒たちにあるものを押し付ける。
テストを行い、成績の悪かった2人を、クラス委員という名の雑用係に任命すると言い出した。

テストが始まり、鉛筆が折れてしまったハナは解答欄に記入する事ができず、
結果的にクラス委員をやらされるはめになる。
わんぱく劣等生のドングと共にクラス委員をやることになったハナ。
しかし、優等生のソヒョンも2人を助けようとして巻き添えを食ってしまう。

このような独裁的なやり方に、もちろん生徒たちは猛反発。
しかし一方で、親たちは成績が優先。そんな親たちは、ヨジンのやり方に賛成するのだった。

ある日、クラスで財布が盗まれると言う事件が発生。
親友であるナリに濡れ衣をきせられたハナは、いじめの対象となってしまい・・・

キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-女王の教室のキャスト・相関図

役名 本名 説明
マ・ヨジン コ・ヒョンジョン 6年3組担任
シム・ハナ キム・ヒャンギ 6年3組生徒
オ・ドング チョン・ボグン 6年3組生徒
キム・ソヒョン キム・セロン 6年3組生徒
ウン・ボミ ソ・シネ 6年3組生徒
コ・ナリ イ・ヨンユ 6年3組生徒
ハナの親友
ヨン・ヒョンジャ ユン・ヨジョン 校長先生
ソン・ヨンマン イ・ギヨン 教頭先生
ク・ジャソン チョン・ソギョン 学年主任
ヤン・ミニ チェ・ユニョン 6年2組担任
チョン・ファシン チン・ギョン 6年4組担任
ジャスティン リッキー・キム 教師
ナリの母 ピョン・ジョンス ナリの母
ハナの父 キム・ヨンビル ハナの父
ハナの母 イ・アヒョン ハナの母
シム・ハユン ユン・ジウォン ハナの姉
オ・女史 ナム・ミョンニョル ドングの祖父
ドングの母 チャン・ガヒョン ドングの母

関連リンク

女王の教室-相関図

コメントを残す

このページの先頭へ