韓国ドラマ-親愛なる者へ-キャストと相関図!

韓国ドラマ-親愛なる者へ-キャスト・相関図

韓国ドラマ-親愛なる者へのキャストと相関図を紹介します!

放送局    :  JTBC
放送回数   :  全16話
放送年度   :  2012年6月~2012年8月

韓国ドラマ-親愛なる者へのあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-親愛なる者へを紹介します!

1992年に放送された「親愛なる者へ」が原作となっていて、
韓国でのリメイク作品となります。
大まかなストーリーはそのままに、韓流スターたちが演じる新たな親愛なる者へ!
久々のドラマ出演になった、パク・ソルミさんの復帰作品でもあります。

夫婦として暮らしていた、チャンジュとジンセ。
平凡な毎日で、ごく普通の幸せな暮らしをしていた二人ですが、
ある日、「元彼」や「幼馴染」の登場で生活が変わってしまいます。

記者として働いていたチャンジュは、ウニョクとの別れを引きずっていた。
そんな生活の中、ジンセと出会い結婚することに。
ジンセは、設計事務所で働いている4歳年下の男性。
頼りないように見える彼ですが、いつも彼女の心に寄り添い、
支え続けていました。そんな彼と、結婚することで過去を忘れようとしたチャンジュ。
ですが、突然彼女の前に、ウニョクが現れました・・・

ウニョクはかつて、チャンジュを捨て、財閥の令嬢であるインギョンと結婚。
しかし、彼女との生活に嫌気がさした彼は、突然の失踪・・・
と、思えば、今度はチャンジュの前に現れた。

忘れかけていた辛い過去を思い出し、ジンセとウニョクとの間で揺れ動くチャンジュ。

その頃、ジンセにも大きな転機が起こっていた。
幼馴染のランとの再会です。
ジンセの事を、兄の様に慕うランは天真爛漫な性格。
無邪気に自分の気持ちを、ストレートに表現してきます。
両親の他界という現状に、ジンセはほおっておけなくなり、
ランの事を気遣います。
そんな彼に、好きだとアピールし続けるラン・・・

結婚していて、お互いの事を気にかけながらも、
それぞれ、違う人に揺れ動く気持ち。
4人の想いが交錯した時、はたしてどんな結末になるのか・・・??

それでは、キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-親愛なる者へのキャスト・相関図

役名 本名 説明
ソ・チャンジュ パク・ソルミ 過去を忘れられない女性
コ・ジンセ ホン・ジョンヒョン 設計事務所勤務
チェ・ウニョク キム・ミンジュン チャンジュの元彼
ペク・インギョン チェ・ヨジン 令嬢 ウニョクの妻
ホン・ラン ペ・ヌリ ジンセの幼馴染
ト・ハンス ク・ボンスン ジンセの先輩
カン・ミョンジン パク・シウン チャンジュの親友
ムン・ジェニ チョ・ハラン チャンジュの後輩
パク・チニョン チャンジュの父
キム・ジャヨン チェ・ジュヒ チャンジュの友人
イ・ソンナク ムン・ジョンス ダンススクールの会長
ケビン イ・ヨンホ バーテンダー

関連リンク

KNTV

親愛なる者へのあらすじはこちらから

コメントを残す

このページの先頭へ