韓国ドラマ-私の恋愛のすべて-キャストとあらすじ

韓国ドラマ-私の恋愛のすべて-キャスト-あらすじ-相関図

韓国ドラマ-私の恋愛のすべてのキャスト-あらすじ-相関図を紹介します!

放送局    :  SBS
放送回数   :  全16話
放送年度   :  2013年4月~2013年5月

韓国ドラマ-私の恋愛のすべてのあらすじ・見どころ

今回は、韓国ドラマ-私の恋愛のすべてを紹介します!

政界を舞台にしたラブコメディー。
序盤戦で、腐敗した政界の感じを出しすぎたせいか、小難しい印象を与えてしまい、
視聴率は低迷した。しかし、中盤戦以降でラブコメ要素が多くなり、
シン・ハギュン扮するスヨンのツンデレに、思わず目を奪われてしまう。
イ・ミンジョンも負けじと、キュートさを発揮し、見守り役のパク・ヒスンもいい味を出している。

判事を経て、議員となったスヨンだったが、腐敗した政治に嫌気がさし、
テレビの公開討論番組で毒舌を発揮してしまう。

正義感の強い議員である新人議員のミニョンは、スヨンの発言を聞き激怒。
スヨンの発言に対し、ラジオで猛反発する。

対立する政党同士の二人だったが、ある日偶然、ミニョンがスヨンの頭を、
消火器で殴ってしまう。
これを機に、自他ともに認める犬猿の仲になってしまった二人。
しかし、時が経つにつれて、国民を想い熱く語るミニョンを見ているうちに、
淡い恋心を抱くようになったスヨン。

ミニョンに対し猛アピールを開始したスヨン。
いつしかミニョンも心を開き、彼女に惹かれ始めていた。

身内同士の結婚のため、ミニョンと親戚になってしまったジュナ。
ジュナはそんな二人の恋愛を見ていて、政党が違い対立する側なのに・・・
と、違和感を持っていた。
親戚になったしまった事もあり、ジュナはミニョンに対する思いを口にすることはできない。

スヨンに思いを寄せている新聞記者のヒソンは、スヨンがキスしているところを目撃してしまい・・・

キャスト-相関図もご覧ください!

韓国ドラマ-私の恋愛のすべてのキャスト・相関図

役名 本名 説明
キム・スヨン シン・ハギュン 元判事
大韓国党 与党議員
ノ・ミニョン イ・ミンジョン 新人議員
緑の正義の党 野党議員
ソン・ジュナ パク・ヒスン ミニョンの補佐官
アン・ヒソン ハン・チェア 新聞記者
キム・サンス チン・テヒョン スヒョンの秘書官
コ・デリョン チョン・ホジン 大韓国党代表
メン・ジュホ チャン・グァン スヨンの首席補佐官
ムン・ボンシク コン・ヒョンジン 大韓国党の議員
コ・ドンスク キム・ジョンナン 緑の正義党の議員
チョン・ユニ ミン・ジア ミニョンの補佐官
パク・ブサン ソン・ドッキ ボンシクの補佐官
ナ・ヨンスク キム・へオク ミニョンの母
ソン・ボリ チョン・ミンソ ミニョンの姪
ウ・ミング クォン・テウォン 民友党代表
シン・ソユル テレビ政策討論会に出席した学生

関連リンク

私の恋愛のすべて-相関図

コメントを残す

このページの先頭へ